手作りの結婚指輪なら挙式後もキラキラ新婚LIFE

リング

贈り合う指輪

これまでの歴史や変遷

指輪

結婚指輪は結婚をする男女が互いに贈り合う指輪です。指輪に使用されている金属は古くは、金が多かったのですが、最近では銀などを用いて作られていることもあります。 結婚指輪はかつてはシンプルなデザインであり、日常的に使用しても使いにくくないシンプルなデザインがほとんどでした。そのため、金属だけで宝石などが入っているということはありませんでした。しかし最近では、結婚指輪が様々なデザイナーの方によって手作りされ、シンプルでありさらには宝石なども埋め込まれているものが販売されてきました。また、使用されている金属も手作りであるため、模様が施されていたりするものがあります。 そして、ここ最近では結婚指輪を結婚する2人が手作りすることもあります。お互いに相手の指輪を手作りする工房などが増えてきています。

手作り指輪の特徴

手作りで結婚指輪を作成する特徴は、第1に結婚指輪を購入する費用を安く抑えることができるからです。手作りのため使用する金属の素材や太さ、石の有無などを選択することで自分たちの予算に応じた指輪を作成することが可能です。 第2に、手作りであるため、世界に1つだけのデザインである結婚指輪を購入することができます。既製品であれば、同じものを持っている人がいますが、手作りであれば世界に1つしか存在しません。互いの事を思いながら手作りするので気持ちもこもった指輪が出来上がります。 第3にプロの技術者が近くについて作成を見守ってくれることです。指輪職人がデザインから作成までアドバイスをしてくれたり、工程を指示してくれます。そのため、安心して結婚指輪を作ることができます。